本文へジャンプ

表彰制度

優秀論文賞

第20回日本歯科医学教育学会優秀論文賞の募集について

一般社団法人 日本歯科医学教育学会
理事長 秋山 仁志

本表彰制度は、歯科医学教育の分野において優れた業績を挙げた会員を表彰するとともに、歯科医学教育者の育成を図り、本会の発展を期することを趣旨としております。

本賞はデンツプライシロナ株式会社の後援を得ており、受賞者には本賞(表彰楯)とデンツプライシロナ株式会社より副賞が贈呈されます。

なお、応募対象論文は当該年度に発行されたものに限ります。今回は2021年4月1日から2022年3月31日までに発行された論文が対象となります。なお、電子ジャーナルも対象となります。

詳細は本会表彰制度規程および同細則をご確認の上、以下の応募要領にしたがって、奮ってご応募下さい。

応募要領
応募資格
  1. 日本歯科医学教育学会会員であり、筆頭著者であること
  2. 受賞当該年度において受賞者が50歳未満であり、かつ教授職に就いていないこと
発表内容
  1. 応募年度の歯科医学教育関係の和文および 英文誌 オンラインジャーナルを含む)に掲載された原著論文
  2. 歯科医学教育関係の和文誌は本会雑誌と日本医学教育学会の機関誌とする。
受賞人数 2名以内
(国内学術誌部門(和文・英文を問わない)1名、海外学術誌部門(英文)1名)
提出書類
  1. 申請書
  2. 応募論文の別冊またはコピー
  3. 共著の場合は共著者全員の同意書
締切日 2022年3月31日
提出先 〒170-0003 東京都豊島区駒込1-43-9 駒込TSビル
(一財)口腔保健協会内 日本歯科医学教育学会表彰制度係
*封筒には応募賞名を朱記して下さい
選考方法 本会理事長が委嘱する計5名の理事または代議員からなる選考委員会が書類審査により選考します。
表彰 第41回(2022年度)日本歯科医学教育学会学術大会時に表彰します。

申請書関連

受賞者関連

ページの先頭へ戻る